印刷についての情報サイト

印刷の基礎知識

印刷は複製物を作るための工業的な手段です。会社設立するなら印刷は当たり前の作業になりますので、ここでいろいろと知識を身に付けておくといいと思います。
狭義には刷ること、つまり平台や輪転の印刷機を稼働させることです。広義に取れば組版から製本までの工程を稼働・管理し、印刷物を納品することです。

印刷方式には、活版印刷、グラビア印刷、オフセット印刷があります。
組版→製版→印刷→製本の工程の中で、活版印刷主流の時代(活版印刷では組版と製版は工程としては並列になります)には、組版の工程に重きが置かれていました。
これは活版印刷で使用する活字は、そのままでも印刷が可能な版材ですし、印刷の歴史は、(一部の工芸的なブロック印刷を除けば)そのまま活字の歴史だった訳ですから。

オフセット印刷が主流となった現在は、印刷文字も活字から清刷をとって版下を作っていた時代から、手動写植にかわり、電算写植(CTS)でデジタル文字となり、いまやそのデジタル文字が各家庭にあるようなパソコンで扱えるようになりました。
当然、印刷所も企業ですから、内部に人とともに組版や製版設備をかかえるよりも、刷り以後の工程のみを業務にしたほうが効率が良いわけです。

かつてページ印刷物の制作を説明する場合、編集までのソフトの面、組版以後のハード面と明確な線引きができました。
ある意味で整理された良い時代でした。
印刷所が刷りだけの工場となろうとするかぎり、その欠落部分は誰かが受け持たざるをえないのです。
シンドイ時代ではありますが、面白くもあります。

それでは印刷の基礎的な説明をしましょう。

●オフセット印刷

現在、紙への印刷の主流となっているのが、このオフセット印刷です。
ドイツのゼネフェルダーが発明した石版印刷に端を発した平版印刷の一種です。
水と油の反発現象を利用した印刷方式で、版から直接印刷せず、一度ゴムのブランケットに転写したものを紙に印刷するので、オフセット印刷といいます。
印刷速度が速く、大部数、カラー印刷に適します。
地図の等高線などの細い線の印刷には、特に力を発揮しますが、やや力強さに欠けます。

版材のPS版が、他の印刷方式の版材より安価なので、修正は経済的です。
印刷文字は台紙版下から線画撮りしますので、貼り込みが簡単な写真植字の使用が一般的です。
写真の適性原稿は、1色印刷の場合はモノクロの紙焼、カラー印刷はリバーサルフィルム(カラーのポジフィルム)です。

●印刷までの流れ

写真の左下が組版の工程で作られた台紙版下です。組版の工程はこの台紙版下(文字校了台紙)を作るためのものです。

左上が製版フィルムです。カラー印刷の場合は最終的に4枚のポジフィルムが作られます。これが製版の工程です。

印刷の工程では、色校了となった製版フィルムから本刷り用の刷版(さっぱん=PS版)を作ります。
この刷版を上の印刷機の版胴に巻き付けて、各色ごと印刷します。

本刷りでは、全紙や半截の大きな紙で印刷します。

●RGBカラーとCMYKカラー

光の3原色(RGB)と色料の3原色(CMY)、同じ3原色でも違う?
色の3原色には光の三原色(RGB)と色料の3原色(CMY)があります。
光の3原色であるR(赤)・G(緑)・B(青)は混ぜれば混ぜるほど色が明るくなり、白色に近づいていくため『加法混色』と言われています。

逆に色料の3原色のシアン(C)・マゼンダ(M)・イエロー(Y)をどんどん混ぜていくと理論上『黒色』・・・となるため『減法混色』と言われています。
理論上と書いたのには訳がありまして、実際にはどんどん濁った灰色になっていくのですが、一般的にイメージする『黒色』にはなってくれません。
プロセスカラー印刷では、黒の部分を引き締めるために、シアン(C)・マゼンダ(M)・イエロー(Y)にブラック(K)のインキを加えた4色でフルカラーを表現しています。
このようにRGBとCMYKでは色の表現の仕方が異なるため、再現できる色の領域も異なってきます。
RGBでは再現可能であってもCMYKでは再現できない領域があることがわかります。
そのためRGBで作成されたデータを印刷すると、再現できない領域が別の色(CMYKでの近似色)に置き換えられ、全体的にくすんだ色味に仕上がります。
RGBで作成したデータを完全にCMYKで再現することはできませんので、印刷データはリンク画像も含め必ずCMYKモードで作成ください。

※各アプリケーションのカラーモードの設定方法はIllustratorの留意点、 Photoshopの留意点をご覧下さい。

表現の難しい色(転びやすい色)

プロセスカラー印刷の特性上、表現の難しい色が存在します。
例えば、CMYをすべて100%に設定するとモニター上では理論通り真っ黒になりますが、実際の印刷では絶対にそうはなりません(赤みがかったり、青っぽくなったり予期せぬ色に仕上がります)。

CMYのみで特に濃度の高い色を表現するのはなるべく避けて下さい。
色ムラが発生したり、モニター上とは全く違う予想外の色に仕上がってしまうことがあります。
濃い色』を表現する場合にはK(ブラック)を加えて作成いただくと、比較的安定した色合いになります。

pickup

サンワード貿易
http://www.mkt-s.com/category/mkt-s-blog/bloger_n/sanword/

最終更新日:2017/2/14


↑TOP
CopyRight(C) Print Style All Right Reserved